紹介する
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腱鞘炎 | ともさだ接骨院・友定鍼灸院|府中駅・府中市

お問い合わせはこちら

腱鞘炎

腱鞘炎を短期で回復するなら府中駅のともさだ接骨院まで>

腱鞘炎でお悩みなら、府中駅前にあるともさだ接骨院でも対応いたします。手首や指に痛みを感じているお客さんは、症状が軽いうちにともさだ接骨院までご相談ください。

こんな症状があればともさだ接骨院まで

・腱鞘炎が2週間以上続いている
・関節が変形してきている
・腕や手指の痛みが広範囲に広がっている
・腕が痙攣するような痛みが何度か起こる
・曲げ伸ばしをしなくても手や指が痛い
・スポーツをしていると突然腕が痛くなる
・脈が乱れる
・腱鞘炎の薬を飲んでも痛みがとれない

腱鞘炎になると、指の付け根や手首に痛みが感じてしまいがちですね。これでは普段スムーズにできている作業もしにくくなります…。ピアノなど楽器を日常的に扱っているお客さんは、腱鞘炎になるとしばらく安静にしていなければなりません。また、家事やパソコンワークもしにくくなるでしょう。生活の中で指や腕を使うシーンは多いため、腱鞘炎になってしまうと支障が多数出てきます。
軽度だと油断してしまいがちですが、自然に治らない場合もあるので、ひどくなる前にともさだ接骨院までご相談ください!当院では痛みを早く取り除くことにこだわっています。一人ひとりの症状に合わせて、精一杯施術に対応します。

腱鞘炎になる原因は?

腱鞘炎の主な原因は手首や指の使い過ぎです。「腱鞘」と呼ばれる部分は、骨と筋肉を結ぶ腱を包み、腱がスムーズに動くように支える滑車のような働きです。腱鞘炎はこの腱鞘と腱がこすれ合うことで炎症します。手や指に違和感があれば、ぜひお早めに府中駅のともさだ接骨院までご来院ください。

腱鞘炎にかかりやすいタイプ

日常で当たり前のようにおこなっている行動が、腱鞘炎を招いている可能性もあります。
以下のような行動をとるお客さんは、腱鞘炎のリスクがあるでしょう。
・パソコンのキーボードやマウスをよく使う
・スマートフォンを長時間酷使する
・楽器を頻繁に演奏する
・バドミントンやテニスでグリップやボールを握ることが多い
・更年期の女性
最近は、つい夢中になって長時間スマートフォンを操作するお客さんが増えています。長時間スマートフォンを操作する動作も、腱鞘炎を招くことがあります。特に親指がよく使われます。使用中の姿勢が悪ければ、手首を伸ばす筋肉に負担がかかり、肘が痛むこともあるでしょう。手指がしびれることもあります。

腱鞘炎を予防するには?

シンプルですが、手や指を使い過ぎない事が予防になります。楽器の演奏や家事・育児、
パソコン操作など、どうしても使わなければいけないシーンでも、時々休憩しましょう。休憩時間にできれば手や腕を動かして、ストレッチをしましょう。手をブラブラと動かすだけでも腱鞘炎防止になるでしょう。