紹介する
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

坐骨神経痛 | ともさだ接骨院・友定鍼灸院|府中駅・府中市

お問い合わせはこちら

坐骨神経痛

坐骨神経痛の施術なら府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・友定鍼灸院 

坐骨神経というのは、腰からおしり、そして太ももの後ろ側を通って、足の先まで伸びている神経です。
その坐骨神経が、何らかの影響によって圧迫されたり、刺激されたりすることで、障害を受けることがあります。その神経が筋や関節、椎間板等で圧迫されると神経に異常をきたし、疼痛やしびれなどの症状が現れます。
このような場合は府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・友定鍼灸院の専門施術にお任せください。
坐骨神経に異常がもたらされると、お尻から太ももの後ろ側や、膝から下の足の外側などに重だるい感覚やしびれの症状が現れますが実際には、鋭い痛みや鈍痛がおしりから太ももの後ろ側にかけてのあたりを襲い、場合によってはかかとや足の裏にまで激痛が走ることもあります。
痛みの症状だけではなく、下肢全体がしびれたようになってしまったり、歩行が困難になってしまう場合も見受けられます。そうなる前に早めに府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・友定鍼灸院の専門施術を受けましょう。
施術としては手技療法をメインに行いながら鎮痛・緊張や関節拘縮の緩和・血行促進を促し、物理療法においても鎮痛や血行の改善を即すために、電気療法やマイクロ波による温熱療法、また場合によっては超音波療法や骨格矯正を行っていきます。