初めての方へ 料金
MENU
紹介する
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腱板損傷

腱板損傷の施術なら府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・友定鍼灸院にお任せください

 

腱板損傷とは?

 腱板は、肩関節を動かすのに働く4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)で構成されていています。これらの筋肉(腱)を損傷することを腱板損傷といい、最も損傷されやすいのが棘上筋です。
 腱板は『肩の弱点』とも言える場所にあり、〝傷めやすく、治りにくい〟という特徴があります。
 幅広い年代に起こりますが、加齢的変化(変性)を伴う中高年にも多く発生します。

原因と症状

 転倒・転落・手を衝く・荷物を持つ・交通事故・スポーツ(投球、テニスなどのスイング、水泳など)といった大きな力が働いて発生する場合と、加齢的変化を基盤として小さな力のくり返しによって発生する場合があります。
 症状としては、腕を上げると痛む、整髪や更衣時に痛む、洗濯物を干す時に痛む、ボールを投げると痛むなど、色々な動作で痛みが発生します。夜間や安静にしていても痛む、腕を上げようとしても力が入らない、筋力低下といった症状を呈することもあります。
 また、損傷の程度は様々で、断裂のあまりない炎症や腫れといった程度の軽いものから、部分断裂さらには完全断裂に至るようなものまであります。

検査・施術

 府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・友定鍼灸院では、超音波エコーで腱板断裂の有無などを確認します(腱板はレントゲンでは明確に確認できません)。必要に応じて提携先の整形外科でMRI検査を受けていただくこともあります。
 施術法は、手術適応の重症でない場合、当院では損傷の程度に応じて、患部の固定・腱板再生の促進・筋肉や腱の緊張緩和・痛みの軽減などを目的に三角巾固定・テーピング・特殊電気療法・手技療法などを行います。

当院へのアクセス情報

ともさだ接骨院 友定鍼灸院

 
所在地〒183-0055 東京都府中市府中町1-11-8三ツ木駅前ビル1F
駐車場なし (近隣にコインパーキング有)
電話番号 042-306-7166
休診日水曜午後、日曜、祝日
院長友定 大治
注意事項初診は予約制となります。2回目以降は来院頂きました順番に施術を賜りさせて頂きます。

当院への道順のご案内