初めての方へ 料金
MENU
紹介する
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

シーバー病(踵骨骨端症)

子供に見られるシーバー病(踵骨骨端症)治療は府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・ともさだ鍼灸院へお越しください

シーバー病は踵骨骨端症とも呼ばれており、スポーツをする子供によく見られる症状の1つです。発育期にスポーツをしている子供で、朝起きた時に踵に痛みを感じる、練習の最初に踵に痛みがある、練習後に痛みがでる・・などの症状を訴える子が多いです。

発育期の子供たちは踵の骨の先端部分が成長軟骨でできています。そのため走ったり、ジャンプしたり、ふんばったりする動作をすると筋肉は収縮し、踵の成長軟骨をアキレス腱や足底筋膜が引っ張ってしまうのです。すると骨周りについている骨膜が引っ張られることによって炎症が起きて痛みを生じるのです。

府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・ともさだ鍼灸院ではシーバー病(踵骨骨端症)の治療としてストレッチ療法やマッサージ療法を行っていきます。筋肉に柔軟性があることで痛みが出にくくなります。しかし引っ張られ過ぎた踵をマッサージしすぎると逆効果になることもあるので加減が重要になります。

府中駅・府中市・分倍河原駅のともさだ接骨院・ともさだ鍼灸院では症状を的確に把握していき、患者様にあった施術法を提案させていただきます。

当院へのアクセス情報

ともさだ接骨院 友定鍼灸院

 
所在地〒183-0055 東京都府中市府中町1-11-8三ツ木駅前ビル1F
駐車場なし (近隣にコインパーキング有)
電話番号 042-306-7166
休診日水曜午後、日曜、祝日
院長友定 大治
注意事項初診は予約制となります。2回目以降は来院頂きました順番に治療を賜りさせて頂きます。

当院への道順のご案内